Saggy

たるみ

たるみを解消して
「老けないお顔・変わらない美しさを」

こんな悩みはありませんか?

  • フェイスラインが
    たるんできた
  • 首の
    たるみが目立つ
  • あご下の
    たるみが目立つ
  • ストレスが
    あるように見える
  • 体調が悪く見える
  • 肌のハリや
    弾力がない
  • 老けて見える
  • 顔の輪郭が
    ぼやけている

たるみの原因には

  • 真皮の中の成分(コラーゲン等)が減って構造がスカスカになる
  • 皮膚の弾力低下で緩みやすくなり、伸び広がりやすい
  • 重力、紫外線、ひっぱり、摩擦などの外的要因によるダメージ

などがあります。

顔の輪郭が変化して、顔立ちまでも変えてしまうたるみ。エイジングサインの最終形とも言われています。
たるみにとって上記の原因とともに問題になってくるのが脂肪の存在です。真皮の下にある皮下組織は、繊維の構造に支えられて密集している脂肪細胞が、肌を内側から持ち上げて“はり”を与える役割をしています。しかし皮膚が老化して弾力が低下すると、脂肪の重みを支えられなくなるので、脂肪は重力に従って下へと垂れてしまいます。下まぶたが膨らんだり、頬の位置が下がったりするのはその一例です。

重力の影響によって皮膚のたるみはじわじわ進行していきます。下垂した脂肪は、やがて線維構造や骨から外れてしまい、目の下側やフェイスラインに溜まります。
このように、皮膚内部がスカスカになって弾力が低下した場合、脂肪の多い人はその重みで下垂のたるみが目立ち、反対に脂肪の少ない人は皮膚が波打つようにしぼむたるみが現れやすくなります。老化によるたるみは、皮膚の劣化、筋肉の萎縮、脂肪の下垂を伴う、構造の崩れでもあるのです。

たるみと肌の構造

肌の構造は大きく分けて「表皮」と「真皮」に分けることができます。たるみに特に深く関わってくるのが肌の深部にある「真皮」です。お肌の基礎となる真皮は、コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸、それを生成する線維芽細胞で構成されています。たるみのない肌は、この4つがバランス良く配列しています。
たるみのある肌は、4つの要素が加齢や紫外線の影響でバランスを崩したり、減少している状態です。土台の役割を果たしているコラーゲン、それを支えているエラスチン、それらの隙間を埋めて水分を保っているヒアルロン酸。その構成が崩れると肌は弾力が失われ、たるんでしまいます。
年齢を重ねると共に肌には次のような変化が起きてきます。

  • 皮膚が薄くなる
  • 皮膚が乾燥しやすくなる
  • 肌の弾力が失われてくる

「頬のあたりの血管が透けて見えるようになった」、「お風呂上がりにひどく乾燥を感じる」、「寝じわがいつまでも取れない」。年齢を重ねるごとに起こりがちなこれらの症状は、皮膚が薄くなり、弾力を失ったことを意味します。皮膚が薄くなり、弾力を失う原因は、皮膚の真皮層のコラーゲンやエラスチンの減少や、その間を埋めるように存在するヒアルロン酸の減少にあります。この真皮層を構成する3つの要素は、年齢とともにどうしても生成されづらくなってしまいます。
もうひとつの原因は乾燥です。古い皮膚がはがれ、新しい皮膚に変わるターンオーバーの周期が長くなったり、乱れたりすると古い皮膚がうまくはがれ落ちず、表皮の水分保持力が弱まります。そのため乾燥が起こり、目元などの細かいしわを発生させてしまいます。

たるみと肌の構造

銀座みゆき通り美容外科大阪のたるみ治療の特徴

  • Diagnostic power「たるみ」を
    見極める
    診断力
  • Counselingドクターによる
    親身な
    カウンセリング
  • Specialist形成外科専門医
    による施術
大阪院 院長 岩井謙治

5~10歳のエイジングケアが可能

かつて、たるみを改善するには手術しかないとされていました。しかし、今ではたるみ治療にも選択肢が増えて、様々な可能性が広がってきました。大きなたるみを改善するには外科手術が最適ですが、軽度なたるみや、自然な程度までのたるみ改善、たるみ予防には糸を挿入してお顔を引き上げるスレッドリフトや照射治療というメスを使用しないたるみ治療も効果を上げています。

スレッドリフトによるたるみ治療は「顔を変える」のではなく「若い頃の状態に戻す」のが目的です。
皮膚の余分なたるみを筋膜から引き上げて、頬・首周囲・目尻など、全体的に取り除くことができ、5~10年前の自分の顔に戻すことが可能です。

女性にとって、少しでも若く、美しくなりたいと思う気持ちは当然の願いです。当院では、その願いに応えられるよう美容外科としての知識・経験を活かし、自然なお顔の造形、肌本来の美しさを引き出せるよう最適な方法をご提案いたします。

たるみの治療紹介

スレッドリフト

スレッドリフト

メスを使わず注射感覚で受けられます。注射で皮下にNコグリフトがついた糸を挿入するたるみ治療です。

HIFU治療

HIFU治療

ウルトラセルQプラスによるHIFU治療で切らないたるみ治療をご提案します。

MWリフト

MWリフト

溶ける糸(吸収糸)を使ったリフトアップ治療です。皮膚を切らずにしっかり引き上げます。

ページ先頭へ