PicoSure

ピコシュア

しみ・肝斑・毛穴・肌質でお悩みの方

ピコトーニング、ピコスポッツ、ピコフラクショナルの3種類の
レーザーによる施術で肌の深部から美肌を目指します。

ピコシュア

こんな悩みはありませんか?

肌の悩み
  • ニキビ跡がしみになった
  • しみ、そばかす、肝斑が気になる
  • 30~40代になってしみが急にでてきた
  • 化粧品やエステではしみが消えなかった
  • レーザー治療は通ったことがあるけど、しみが消えなかった
  • IPLはやったことがあるけど、もっと本格的にしみを治療したい
  • ダウンタイムを取る時間がない

ピコシュアの特徴

ピコシュア

レーザーによるしみ治療は火傷のリスクを避けるため、非常に短い時間で照射を行う必要があります。これまでしみ治療において、標準治療とされていたQスイッチレーザーはナノ秒(10億分の1秒)単位でレーザーを照射していました。現在注目を集めているピコレーザーは、なんとピコ秒(1兆分の1秒)単位での施術が可能になりました。

しかも、レーザーによる熱作用がさらに限定的になったため周辺組織のダメージがほとんどなく、より効果的にレベルの高いしみ治療を行えます。

ピコ秒
レーザーのダメージ

ピコレーザーは周辺組織へのダメージがほとんどありません。

ピコレーザーによる治療は、皮下組織を瞬時に蒸散させるので熱の影響による表皮のダメージを低減させ、火傷のリスクとダウンタイムを大幅に改善し、痛みを最小限に抑えられます。

ピコシュアとは

特徴1

従来の治療に比べ効果が大幅にアップ

パルス幅が短くなったことでピークパワーが高まり、よりキレの良い治療が可能となりました。それにより従来の治療に比べ少ないセッションで治療効果を実感できます。

特徴2

ダウンタイムのない治療

美肌作りのために定期的なピコレーザートーニングは大変有効です。ダウンタイムがないため、人前に出る機会が多い方も継続しやすい治療です。また、痛みもほぼないためストレスがありません。

特徴3

肝斑でお悩みの方におすすめ

薄い肝斑から難治性の濃い肝斑まで、肝斑でお悩みの方に幅広く適応があります。

特徴4

各種治療が組み合わさると効果が大幅アップ

ピコレーザートーニング単体でも効果がありますが、イオン導入やエレクトロポレーションなどの経皮導入や、内服薬、外用薬などと組み合わせた複合治療を行うことで、一層高い効果が期待できます。

特徴5

総合的に優れた美肌効果

肝斑だけではなく、お肌のしみくすみ、黒ずみ、毛穴の開き、肌のキメの乱れなど様々なお肌のトラブルを改善します。総合的な美肌治療にお使いください。

わき・ヒジ・ひざ・お尻・ニップル(乳首)の黒ずみの治療

ピコレーザートーニングはお顔のしみだけではなく、擦れて黒ずんだわき、ヒジ、ひざ、乳首の美白にも効果的です。色素沈着や黒ずみを、今までのレーザー治療の約半分の回数できれいにすることが可能となりました。

ピコスポット:ピコシュアのしみ治療

PicoSure(ピコシュア)は755nmの波長を使用します。他の1064nmのピコレーザーに比べ、メラニン色素に対する吸光度が3倍と高く、低エネルギーでも非常に効果の高い治療ができます。これまでのしみ治療は、Qスイッチレーザーが主流でした。このQスイッチレーザー(ナノレーザー)は、メラニンにレーザーを照射することで熱を発生させて色素を破壊するため、色素沈着を起こすことがありました。
ピコレーザーの場合、従来のレーザー治療より短いピコ秒でレーザー光を照射するため、熱作用がほとんどなく、衝撃波で色素を粉砕することができ、色素沈着を起こしにくい特徴があります。
また、これまでの治療では、施術後照射跡をテープで保護していたところ、軟膏を塗るだけと簡単なケアで済むため、ストレスなくきれいにしみを除去することができます。

ピコトーニング:肌トーン改善治療

しみ、肝斑治療は、ピコレーザーを使用することで従来のレーザーよりも画期的に早く・優しい治療が可能になりました。低出力のレーザー照射により、肌全体のメラニン生成力を抑え、ナチュラルに美白しながら、お肌の質感も改善されます。
ピコウェイトーニングは、ひげ(黒色)の反応が少ないので、男性も安心して受けていただくことができます。
ピコシュアトーニングは、ピコシュアスポットを低出力でお顔全体に照射する施術方法です。
肌のくすみや色ムラなど全体のトーンを明るくし、美肌効果を高めます。

ピコフラクショナル:美肌治療

ピコレーザーは、しみなどの色素を取り除くのに高い効果を発揮しますが、当院で採用したPicoSure(ピコシュア)はFOCUS照射(フラクショナル照射)ができるハンドピースもあります。
このFOCUS照射は皮膚表面にダメージを与えることがなく、真皮のコラーゲンやエラスチンを増加させ、しわ・ニキビ跡・毛穴の開きを改善、肌の若返りにも非常に高い効果を発揮します。
従来のフラクショナルレーザーは点状出血などが起こりやすく、5〜7日程度のダウンタイムがありましたが、PicoSure(ピコシュア)によるFOCUS照射は、肌ダメージが起こらないため、24時間ほど赤みが続く程度のダウンタイムで済みます。ストレスフリーな美顔治療です。

ピコシュアの注意点

照射時、部分的にチリチリした刺激を感じる方、お風呂上がりのような火照りや赤みを感じる方がいらっしゃいます。火照った感じは10分程度で落ち着きます。
照射設定により小さいカサブタができる治療を追加することもできます。

銀座みゆき通り美容外科大阪のピコシュア

大阪院 院長 岩井謙治

兵庫県立塚口病院 皮膚科 医長、北山武田病院(旧城北病院) 皮膚科 美容皮膚科 医長を努めた経歴を持ち、さらに日本形成外科学会認定の形成外科専門医でもある岩井院長は、形成的な面と皮膚的な両面からオペをご希望の方にはオペを、お肌のお悩みの方にはその悩みを解消できる最適な治療をご提案しております。

肌が美しくなるだけでその方の見た目年齢が変わり、気持ちも明るくなるはずです。お肌の悩みやライフスタイルに合わせた、ピコシュアによるオーダーメイドの美肌治療をお勧めいたします。

美肌コース/
FCRトリートメント

FCRトリートメント

ピコシュアと組み合わせることで相乗効果を得る治療にピーリングの手法を使ったFCRトリートメントがあります。
FCRトリートメントは、従来あった酸で肌を溶かすケミカルピーリングとは大きく異なり、天然成分を使用して自然治癒力で美肌を再生させる画期的な治療です。天然植物や海洋成分、ミネラル類をお肌の深層部へと深く浸透させます。それらの浸透成分が約36~48時間、血液循環に作用することで、肌細胞を活性化させ、新たな細胞の再生とターンオーバーの正常化を促します。そのことによりしみ・しわ・たるみの他、余分な古い角質やニキビの原因となる毒素等の除去にも繋がり、本来の健康なお肌へと導きます。
お肌の内面を強化するという手法を取ることで、他には類の見られない抗老化効果を可能にしました。

FCRトリートメントが選ばれる理由

FCRトリートメントには棘状成分と呼ばれる、お肌を刺激し細胞活性を促進する主成分となるSpongia(スポンジア)等が従来のものと比較して、約5~6倍配合されています。また、粒子の大きさにもこだわり、日本人の肌により多く深層まで届くようにしたことで、従来品の何倍もの効果、即効性を実現しました。

これまでのハーブ系治療は1-2週間メイクができないなどのダウンタイムが長いことがデメリットでしたが、FCRトリートメントは翌日からメイクが可能です。

  • しみ
  • 乾燥肌
  • オイリー肌
  • ニキビ肌
  • ニキビ跡

FCR 美肌トリートメント 美しく健康な素肌へ

ピコシュアの治療の流れ

  • カウンセリング
    STEP. 1

    ドクターのカウンセリング

    ドクターがわかりやすく説明します。希望や不安など気になることは何でもお話しください。

  • 洗顔
    STEP. 2

    洗顔

    洗顔用品はクリニックにご用意してあります。

  • ピコシュアを照射
    STEP. 3

    ピコシュアを照射

    肝斑・しみの症状に合わせて照射します。

  • メイク
    STEP. 4

    メイク

    トーニング・フラクショナルは当日からメイク可能です。
    ※スポット照射のみメイクは翌日から可能となります。

ピコシュアでできるタトゥー除去

肩や足、指にある小さいタトゥー・刺青を消したい方へ

刺青

ピコシュアのピコ秒レーザーは、レーザー光をピコ秒(1ピコ秒=1兆分の1秒)という短い時間照射することで、ピコ秒のレーザーが真皮層の色素を選択的に破壊します。
ピコ秒レーザーはヤグレーザー(1064nm)、半波長ヤグレーザー(532nm)に加えて785nmの波長のレーザーの3波長のレーザーを搭載し、黒・緑・青・茶色・赤・橙・黄・のすべての色に適応します。
これまで消せなかったカラータトゥー除去にも効果がありますので、一時の勢いで入れたものや、結婚前に入れたタトゥー・刺青を消したいという方、まずはご相談ください。小さいサイズのタトゥーであれば、少ない通院回数での治療が可能です。

ピコタトゥー除去の特徴

特徴1

黒・緑・青・茶色などカラータトゥーを消したい

従来のレーザーは黒や茶色などの濃い色だけしか効果がありませんが、 ピコレーザーならカラーの図柄でも治療できます。

特徴2

できるだけ早くタトゥーを消したい

ピコシュアなら少ない施術回数で済む上、短い間隔で治療できるので、従来の半分程度の期間でタトゥーを消すことができます。

特徴3

レーザー治療をしたけど、消しきれなかった

レーザー治療後、うっすらと柄が残ってしまってそれ以上消えない場合でも、ピコレーザーなら対応できます。

特徴4

切りたくない、傷跡を残したくない

カラータトゥーの方で皮膚切除しか消す方法がないと診断された場合もご相談ください。ピコレーザーなら対応できる可能性があります。

特徴5

痛みに耐えられず、途中でやめてしまった

従来のレーザーに比べて熱が少なく、痛みが緩和されています。また、治療後の肌ダメージも少なくなっています。

リスク・副作用

従来のレーザー治療に比べて副作用もリスクも大幅に減りましたが、可能性としては、肝斑の悪化、照射箇所にかさぶた、炎症、炎症後色素沈着、が起こることもあります。またしみが 再発、取りきれないということもあります。

ピコシュアの料金表

施術名 回数 通常価格(税別) トライアル価格
(税別)
ピコトーニング 1回 15,000円 9,800円
ピコフラクショナルレーザー 1回 40,000円 --
ピコチューニング(トーニング+フラクショナル) 1回 50,000円 30,000円
ピコスポット しみ取りレーザー(顔中打ち放題) 1回 100,000円 60,000円
ピコシュアプレミアム(トーニング+フラクショナル+スポット) 1回 120,000円 80,000円

FCRトリートメントの料金表

通常価格(税別) トライアル価格(税別)
50,000円 30,000円

ピコタトゥー除去の料金表

縦×横 通常価格(税別) 1回 モニター通常価格(税別) 1回
1~5cm2 21,000円 17,500円
6~10cm2 30,500円 25,500円
11~30cm2 38,500円 27,500円
31~50cm2 45,500円 37,500円
51~100cm2 51,000円 42,500円
101~150cm2 55,500円 46,000円
151~250cm2 68,500円 57,500円
251~300cm2 81,000円 67,500円
301~350cm2 92,000円 76,500円
351~400cm2 102,000円 85,000円
401~450cm2 111,000円 92,500円

※450cm2以上の場合は超えた分の面積の料金の半額を加えた金額になります。
600㎠の場合・・・450cm2 92,500円 + 150cm2 46,000円の半額23,000円=115,500円になります。
通常価格も上記に準じます。

ページ先頭へ